ほっかいどう学新聞-第4号【2021春号】を発行

ほっかいどう学新聞 第4号【2021春号】を発行しました。
PDFファイルのダウンロードはこちら


石狩川流域開発の歴史は、治水の歴史である。
その中心は、蛇行した部分をショートカットし直線化して流れを良くする捷水路工事だ。ショートカットによって石狩川は58.1kmも短くなった。農耕不適の泥炭地が、豊かな穀倉地帯に変貌する土台となった治水のはじまりを探ってみよう。